カンジタ男性完治セット



カンジダ男性と性器カンジダ症

 

性器カンジダ症の場合には女性に感染をすることが非常に多く、男性は感染しにくいといわれています。
その理由としては、男性器と女性器との違いが関係しているのです。

 

女性の場合には、膣内は酸性の粘膜において保護されているのですが、カンジダ菌はこの膣粘膜において生息しているのです。
普段は体に害を及ぼすことはないのですが、菌類が繁殖しやすい高温多湿、という条件になっています。
発症の原因となっている複数の要因が重なることで発症確率が高くなります。

 

それに比べると男性器というのは体外に露出しているので、通気性も良いです。
そのため、普通に性器を清潔な状態にたもっていれば発症する確率はそこまで高くありません。

 

但し、包茎の人というのは発症率が高くなります。
また、ステロイド剤を長期的に服用していたり、糖尿病を発症している方はカンジダ症を発症しやすいといわれています。

 

男性が発症してしまった場合には亀頭のかゆみ、水庖といったものが現れるようになり、場合によっては尿道炎を発症することもあります。
ただし基本的には自覚症状が現れないことが多く、なにも気づかないことが大半です。

 

性器に少しでも違和感があるような場合には、できるだけ早く治療を開始するようにしましょう。