カンジタ男性完治セット



カンジダ男性と性器カンジダ症

 

性器カンジダ症の場合には女性に感染をすることが非常に多く、男性は感染しにくいといわれています。

 

その理由としては、男性器と女性器との違いが関係しているのです。

 

女性の場合には、膣内は酸性の粘膜において保護されているのですが、カンジダ菌はこの膣粘膜において生息しているのです。

 

普段は体に害を及ぼすことはないのですが、菌類が繁殖しやすい高温多湿、という条件になっています。

 

発症の原因となっている複数の要因が重なることで発症確率が高くなります。

 

それに比べると男性器というのは体外に露出しているので、通気性も良いです。

 

そのため、普通に性器を清潔な状態にたもっていれば発症する確率はそこまで高くありません。

 

但し、包茎の人というのは発症率が高くなります。

 

また、ステロイド剤を長期的に服用していたり、糖尿病を発症している方はカンジダ症を発症しやすいといわれています。

 

男性が発症してしまった場合には亀頭のかゆみ、水庖といったものが現れるようになり、場合によっては尿道炎を発症することもあります。

 

ただし基本的には自覚症状が現れないことが多く、なにも気づかないことが大半です。

 

性器に少しでも違和感があるような場合には、できるだけ早く治療を開始するようにしましょう。

 

 

 

カンジダ膣炎を防ぐには

 

カンジダ膣炎は夏に増えると言われています。

 

男性は初期であればほとんど自覚がありません。

 

 

男性は、清潔にして下着は必ず毎日替えるのが予防の第一歩。

 

女性は比較的症状を実感しやすいですから、膣や外陰部、おりものに異常が見られたらすぐに病院で診てもらうようにしましょう。

 

一度かかったことのある人でも油断は禁物です。

 

カンジダ膣炎に効き目のある市販薬が販売され、効き目も期待できますが、症状に合わない薬を使ってしまうと治るまで時間がかかります。

 

かゆみも強くなり、生活の質が低下しますから、時間をつくって病院で診てもらうようおすすめします。

 

女性がカンジダ膣炎を防ぐためには、通気性のいい下着を使うこと、生理になったらこまめにナプキンを交換すること、タイツやボディスーツのように、身体を締めつける下着は使わないこと、毎日お風呂に入り、性器を清潔にすること。

 

性器の洗いすぎは逆効果となってしまいますから、強くこすったり、石鹸を使いすぎないようにしましょう。

 

下着はコットンがもっとも通気性にすぐれ肌ざわりにすぐれます。

 

蒸れやすいナイロン素材の下着は避けるようにしましょう。

 

疲れているときには、ゆっくり休むこともカンジダ膣炎の予防に効果的です。

 

栄養バランスの偏った食事をせず、適度に運動をして身体の健康を促進させましょう。