カンジタ男性完治セット



カンジダ男性は多い?

 

カンジダは女性特有の病気だと思われている方も多いと思います。

 

しかし、もちろん男性も発症します。

 

そしてその経路というのは女性から男性だけではなく、男性から女性、ということももちろんあるのです。

 

性交渉をすると、当然ですが2人のどちらかが発症をしていれば双方にリスクがあると言われています。

 

ただし、男性の場合というのはカンジダの症状というのは治療が比較的用意であり、そこまで問題視されていないのです。

 

女性は膣にカンジダ菌が入り込むことによって繁殖をするとカンジダ症状というのは治りにくいのですが、男性の場合というのは陰茎に入り込むのです。

 

男性器は表に露出しているためにムレにくく、カンジダ菌が増殖することはそこまでありません。

 

そのためカンジダの男性症状というのはそこまで悪化しないのです。

 

ただしカンジダ菌というのは男性によっては悪化することもあります。

 

例えば、重度の包茎の方です。

 

包茎の場合には亀頭部分が酷くムレてしまうために、カンジダ菌は大幅に増殖してしまうようになります。

 

そうなると、女性と条件がほとんど変わらないので、カンジダ菌による症状が悪化しやすくなるのです。

 

また、男性であってもカンジダ菌というのは常在菌ですので、性交渉以外にも発症する可能性はあります。

 

 

繰り返すカンジダにカンジダ膣炎治療薬 モニスタット

 

デリケートゾーンの悩みを抱えている方は増えてきています。

 

特にカンジダは完治したように見えてまた再発してしまうことも珍しくありません。

 

カンジダにお悩みの方は、カンジダ膣炎治療薬 モニスタットを常備すると良いでしょう。

 

アメリカでは医師の処方箋がなくとも薬局で購入することができる薬ですが、モニスタットは日本の薬局では販売されていません。

 

日本では医師の診察が必要になりますが、個人輸入という形でアメリカから輸入する場合には処方箋は必要ありません。

 

モニスタットは膣内イースト菌感染に効果を発揮する膣用の薬剤の他、外陰部のかゆみやかぶれを鎮める外用クリームが同梱されています。

 

過去にカンジダ膣炎と診断され、何度も再発してしまう方におすすめの治療薬となっています。

 

カンジダは膣内のイースト菌が増殖することで発症し、強い痒みを伴うことがあります。

 

もし陰部のかゆみやチーズのようなおりもの、排尿時の痛みや外陰部の痒みや赤みといった症状が現れている場合には、カンジダを疑った方がいいでしょう。

 

しっかりと治療をしたいという方にはカンジダ膣炎治療薬モニスタット7日用がおすすめです。

 

カンジダの再発を防ぐためには通気性の良い服を着たり、患部を清潔に保つ、バランスの良い食生活を意識することなどが重要です。