カンジタ男性完治セット



カンジダ性包皮炎ってどんな病気?

 

カンジダ性包皮炎というのは多くの方が発症している病気なのですが、一体どのような病気なのでしょうか?

 

カンジダ性包皮炎というのは、カンジダ菌と呼ばれているカビの一種が原因となって症状として現れるようになります。

 

男性がカンジダ性包皮炎を発症するきっかけというのは、性行為によるものが大半です。

 

性行為によって女性のカンジダ菌が男性器に付着することで炎症を起こすようになります。

 

男性にカンジダによる症状が出ることというのは非常に少ないといわれています。

 

ただし、これはあくまでもカンジダ菌が増殖しにくい人の場合です。

 

カンジダ菌を発症しやすい人というのは簡単に症状が出てしまうようになります。

 

それは包茎の人です。

 

包茎の人の場合は比較的症状が簡単に出てしまいます。

 

カビの一種であるカンジダというのは、温度が高く湿度の高い状態で最も多く増殖します。

 

そのため、包茎の方というのはカンジダ性包皮炎の症状が出やすくなってしまうんですよ。

 

普通であれば菌がいたとしても洗浄するだけで簡単に除去することができるものです。

 

しかし、包茎の方というのは亀頭部分を清潔な状態にすることが簡単ではないのです。

 

そのため、包茎の方がカンジダ性包皮炎を発症しやすくなってしまうんですよ。

 

 

 

カンジダに感染した場合のデリケートゾーンの洗い方

 

カンジダ症は性感染症だと思われがちですが、実は性感染症ではありません。

 

カンジダになる原因は様々で、ストレスや寝不足だったり風邪を引いていたりと体力が落ちている時や免疫力が低下している時になりやすいです。

 

他にも妊娠中やピルを内服している人もなりやすいと言われています。

 

大量の白いおりものが出てかゆみが強いのが特徴で、症状が軽ければ自然治癒します。

 

ひどくなってしまうと強い炎症を伴い、婦人科での治療が必要になります。

 

治療には膣錠や軟膏、クリームや経口錠などがあります。

 

そんなカンジダ症を予防する為や感染してしまった場合、デリケートゾーンの正しい洗い方を知っておく必要があります。

 

まずデリケートゾーンは皮膚が薄くて粘膜が多いので、直接石鹸やボディーソープを塗るのは、刺激が強すぎるのでやめましょう。

 

手やネットで泡立てた泡で優しく洗うのが最適なんですが、指の腹を使って傷つけないようにしましょう。

 

洗い方としては、前から順に陰毛・性器部分・会陰部分と洗ってから肛門を洗うのが良いです。

 

肛門からの細菌を性器部分に触れさせない為です。

 

デリケートゾーン専用の石鹸があるので、臭いやかゆみが気になる方は一度試してみるのもおすすめです。