カンジタ男性完治セット



カンジダ性亀頭包皮炎は治りにくい?

 

カンジダ性亀頭包皮炎を発症してしまうと治りにくいといわれています。

 

カンジダ性亀頭包皮炎というのは一度は改善したとしても治療を中断してしまうと、再び元に戻ってしまうこともあります。

 

亀頭包皮炎患者の方の5パーセント前後は再発をしてしまうようになるのです。

 

また、包皮にダメージを受けると自分で改善できないレベルにまでダメージを受けてしまうこともあります。

 

根気よく治療を続けていくうちに、次第に皮膚代謝も正常な状態に戻ります。

 

しかし、どうしようもないほどに包皮にダメージを受けることもありますので、注意が必要です。

 

カンジダ性包皮炎を発症した場合にはある程度は亀頭部分を安静にしておく必要があります。

 

そのため、カンジダ性包皮炎が改善するまでには性行為は控えるようにしましょう。

 

真性包茎の場合には包皮が呼吸をすることができずに湿度の高い状態になっています。

 

そのため、カビが繁殖し、増殖しやすくなってしまいますので、しっかりと清潔で湿度の低い状態にできるようにしなければなりません。

 

カンジダ性亀頭包皮炎を一度発症している方は、意識をしてゴシゴシと洗ってしまう方も多いですが、それは逆効果になってしまうこともありますのでしっかりと注意をしておくようにしましょう。

 

 

カンジダ早期治療のメリット

 

カンジダは、女性に感染した場合、カッテージチーズ状のおりものと強いかゆみを伴う病気です。

 

近年、若い女性に増えており、性感染症の一つでもあります。パートナーからの感染以外にも起きる病気で、体内に共存している真菌というカビが原因で起こります。

 

この場合、健康な状態であれば感染することは少ないのですが、免疫が下がっていたり、抵抗力が弱いと発症することがあります。

 

 

治療は、婦人科や産婦人科で膣の洗浄、膣錠や塗り薬によって行われます。

 

比較的治りやすいため、だいたい1~2週間で完治します。

 

早く完治させるためには、早期治療が大切です。

 

初期の段階では、症状も軽く治療も短期間で済みますが、症状が進むとカンジダ菌がどんどん増殖していき、炎症がひどくなったりかゆみが強くなったりし、治療期間も長くなり、通院する回数も増えます。

 

 

また、パートナーがいる場合、相手に移す可能性があるため、早期治療が必要になります。

 

 

また、放置したままで自然に治る病気ではないため、必ず治療は必要です。

 

治療が遅くなると再発もしやすくなります。再発すると頻繁にかかる可能性も高くなるので、早期発見、早期治療は大切です。

 

いつもと違うおりものが出たり、強いかゆみなどがある場合は、すぐに病院へ行くことをおすすめします。