カンジタ男性完治セット



舐めちゃいけない妊婦のカンジダ

 

妊婦のカンジダは甘くみてはいけません。

 

多くの産院では、カンジダ症の妊婦は、出来るだけ出産前に治すように指導されます。

 

万が一、出産の時にカンジダが赤ちゃんへ感染してしまうと、先天性皮膚カンジダ症になってしまう可能性があるので、非常に深刻なんです。

 

やはり妊娠前から患っている人は、体質的になりやすいという部分があります。

 

しかし体調管理をしっかり行い、洗浄料も抗真菌作用のあるものを利用すると、治りやすくなります。

 

何度も再発している人は、普段から洗浄料を抗真菌作用のあるものに変えてしまうのがおススメです。

 

普通の石鹸には抗真菌作用がないので、あまり予防効果がありません。

 

しかし、専用の洗浄料を使っていると、やはりなりやすい人には予防になります。

 

妊娠中は、担当の医師と相談をしながら、使用する薬を決めていくのが大事なので、薬品を使う前には、必ず一言相談するようにしましょう。

 

やはりサプリメントも、胎児への影響を考えると、勝手に飲んで良い物ではありません。

 

特にビタミンAは、初期に飲み過ぎると、奇形の原因になると注意をされていますので、どうしても飲みたい場合は、必ず医師に聞いてから飲むようにしましょう。

 

 

怖いカンジダ・・・不妊になる可能性

 

カンジダは女性に起こりやすい感染症で、人間の体に存在する真菌によっておりものが増加したり、かゆみが起こります。

 

真菌は湿度や温度が高い場所を好む性質があるので、女性の膣内は繁殖しやすい環境です。

 

ただ、カンジダ膣炎は性接触だけではなく、体力や免疫力の低下、抗生物質の長期服用、衣類などからも感染することもあります。

 

女性の膣内に起こる病気であるので、不妊になると心配する人もいますが、カンジダ膣炎は、不妊の直接的原因にはなりません。

 

直接的原因にならないものの、膣炎を引き起こすので、間接的な原因になる可能性はあります。

 

 

女性が妊娠するためには、精子が膣から子宮へ進み、そこで卵子と受精しなければなりませんが、
精子の通り道である膣や子宮頸管に炎症が起こってしまうと、精子の運動力が弱まってしまい、子宮内に到達しにくくなると言われています。

 

 

そのため、妊娠しにくくなるので、不妊かも、と思ってしまう人が少なくないのです。

 

 

妊娠への影響は大きくはありませんが、できるだけ治療して完治させてからの方が、妊娠しやすくなります。

 

カンジダ膣炎に感染している可能性があったり、自覚症状がある場合はできるだけ早く医療機関にかかり、パートナーにも検査を勧めましょう。