カンジタ男性完治セット



カンジダは家で治療するのが一番ラク

 

ストレスが溜まった時など、カンジダになってしまうのでいい加減うんざり。

 

清潔にして通気性の良い服を着ていても、ストレスだけは防げませんからね。

 

ストレスが溜まると眠りが浅くなって体調が悪化し、その結果カンジダを発症してしまいます。

 

痒みを我慢するのはストレスになるし、かといって病院に行くと待ち時間の長さや診察がまたストレスになるんです。

 

最終的に私は自宅で治療する方法を選びました。

 

今はカンジダの薬がネットで買えるので本当に便利。

 

内服薬から塗布するタイプの薬まで種類も豊富です。

 

値段は高めですが、ストックしておけば病院に行かずに治療できるのでありがたいですね。

 

繰り返し発症する人に向いていると思います。

 

 

女性の75%がカンジダを経験するらしい

カンジダって、女性の75%が生涯に一度は経験するそうですよ。

 

別のサイトでは5人に1人の割合だと書いてあったのですが、どうやらこれはカンジダ菌を持っている人の割合みたいです。

 

菌を持っていたとしても、それだけでは症状が出ることはありません。

 

体にはいろんな菌が存在していて、常に一定のバランスを保っているんです。

 

それが体調不良になった時など、バランスが崩れて菌が増殖してしまうんですよね。

 

そうするとカンジダになってしまう場合があるんです。

 

風邪をひきやすい、病気になりやすいような人も、常在菌のバランスが取れていないことが多いです。

 

菌の多くは腸に存在するので、腸内環境を整えることがカギと言えるでしょう。

 

 

 

彼氏に言われるがままアフターピルを飲んでいた私

 

10代の時、私はあまりに無謀でした。

 

あの頃の自分は何度思い出しても腹が立ちます。

 

当時恋人がいたのですが、別れを切り出されるのが怖くて言われるがままでした。

 

性交に関しても彼のするがままで、ゴムを着けずに中に出されてしまったこともあります。

 

そんな時に決まって彼が言うのが、アフターピル飲んでおいてねという一言でした。

 

学生でお金がなかった私は、必死に貯めたバイト代でアフターピルをもらいに行っていたんです。

 

ちゃんと72時間以内に飲んでいたので妊娠はしませんでしたが、当時の私は彼との子供をどこかで望んでいたと思います。

 

それほど恋に溺れていました。

 

今の若い子たちには、同じ過ちを繰り返してほしくありません。