カンジタ男性完治セット



性感染症で多い性器カンジダ症

 

性感染症でよくある『性器カンジダ症』は、性交渉で感染することが有名ですね。

 

でも、カンジダは、女性の場合、性交渉だけではなく、日々の免疫力が低下している時にも発症しやすい性感染症なのです。

 

特に妊娠中は、性器カンジダになる人がかなり多い!

 

私も実は、妊娠中にカンジダになったのですが、やはり妊婦は免疫力が落ちているので、どうしても性感染症を患いやすいそうです。

 

その場合、性感染症を出産前にどうにか完治しないといけなくなります。

 

妊娠の他にも、風邪を引いたりしている時に、カンジダは発症しやすいですね。

 

やはり普段から、しっかり栄養のある物を食べて、ちゃんと清潔にして、健康的な生活をすることが大事かもしれません。

 

女性の場合は、男性に比べて、カンジダの性感染症になる確率が高いので、妊婦さんは本当に注意です!

 

妊娠中に性感染症になってしまうと、出産リスクが高くなってしまい、赤ちゃんにも影響が出てきます。

 

そのため、産院でも、性感染症は出来るだけ早く完治するように指導していますが、そう簡単に治る病気ではないので、根気が必要になります。

 

特に性感染症は再発するものが多いので、ちょっと油断すると、あっという間にぶり返しますね。

 

 

カンジダで石鹸がしみる悩み

 

女性の膣には自浄作用があって普段は弱酸性にたもたれていて、卵巣から出るホルモンなどが膣の粘膜を丈夫にしているため、カビなどの侵入が起こらないようになっています。

 

このため普段洗うときには水やお湯などで十分です。

 

より清潔にしようと石鹸を用いる人もいますが、まれにデリケートゾーン専用の石鹸で洗うことでこの自浄作用が壊れ、カンジダを発症する場合があります。

 

カンジダになるとこれまではしみたことの無い弱酸性や専用の石鹸であってもしみるようになり、中々治らず悩む人もいます。

 

 

 

膣カンジダ

 

膣カンジダは、病気や疲労そして抗生物質の使用、または妊娠などでも起こることがあり、一度発症すると再発しやすい病気ですから、

 

1人で悩まず婦人科などにおいてきちんと治療を行うべきで、清潔にしようとむやみに洗いすぎることの無いようにしなければなりません。

 

 

しみる他に、おりものに変化が出てどろっとしたヨーグルト状やポロポロとした状態のものが出るようになったり、痛みやかゆみが伴ったり、外陰に腫れが出ることもあります。

 

 

病院で行われる治療には膣内の洗浄や軟膏の塗布などがあり、症状が重くなければ週に1から2回程度の通院で済む人もいます。

 

同じような症状で別の病気なこともあるので、症状が出たら早めに病院で診てもらうべきです。