カンジタ男性完治セット



免疫力の低下時に起こりやすいカンジダ膣炎

 

カンジダ膣炎は、性交渉をしなくても発症する病気です。デリケートゾーンの痒みやヨーグルトのようなぽろぽろとして白っぽくなるおりものの変化によって気づくことが多いのですが、痛みを伴った症状が出ることもあります。カンジダ膣炎を起こす原因菌はもともと女性の膣内にいる雑菌で、何らかの原因によって増えすぎてしまったことが理由になって発症します。膣は自浄作用があるので通常弱い雑菌はそれにより洗い流されてしまうのですが、免疫力が低下してしまうと自浄作用が働かなくなってしまうため弱い雑菌が増えすぎてしまい、カンジダ膣炎を発症してしまいます。
免疫力が低下する理由には様々なものがあり、病気の治療で服用した抗生物質によって膣の自浄作用を行う菌を殺菌してしまったり、栄養不足、睡眠不足、ストレスや、それらが引き金となって自律神経が乱れたり、ホルモンの分泌バランスが崩れることなどが原因で身体が疲れてしまうことが主な原因です。そのため、性交渉を行っていなくてもカンジダ膣炎になってしまうことはすべての女性にあり得ることなのです。また、妊娠をすると免疫力が低下してしまうため、妊婦さんもカンジダ膣炎にかかりやすいと言われています。