カンジタ男性完治セット



カンジダ男性と包茎の関係性

 

包茎とカンジダ性亀頭包皮炎の関係というのはどのようなものがあるのでしょうか。

 

まず、包茎の方の亀頭部分というのは、包皮に常に覆われている状態ですので、高温多湿になりやすい状態にあります。

 

つまり、カンジダが付着繁殖し、感染をする環境としてはとても良いコンディションなのです。

 

さらに軽くでも発症してしまったら最後です。

 

多くの男性は亀頭になにか異変を感じたら、まずは第一にきれいに洗おうと思いますよね。

 

石鹸を使用してゴシゴシと洗ってしまうものなのです。

 

しかし、カンジダは石鹸でゴシゴシ洗ってしまってはいけません。

 

亀頭の白いガサガサとした部分が気になると、石鹸を使用してきれいに洗いたいと思いますが、逆効果なのです。

 

亀頭に付着している常在菌のバランスがとれなくなってしまい、カンジダ菌がさらに繁殖しやすくなるのです。

 

具体的には、石鹸で殺菌することができるのは細菌です。

 

良い菌と悪い菌とが相対的に数が減少してしまい、結果的にカビ菌の数が増えていくのです。

 

このような状態になると炎症はどんどん酷くなってしまい、どんどん炎症を繰り返してしまうのです

 

カンジダ治療において重要なのは、必要以上に洗ってしまうのではなく、真菌用軟膏を使用して治療を行うのが一般的です。

 

 

カンジダを放おっておくと恐ろしいことに!!

 

カンジダは症状が軽いうちは少しかゆみがある程度ですみますが、放っておくと症状が悪化して痛みなどが出てきたり他の病気の原因になることがあります。

 

女性の場合には痒みがさらに強くなり、嫌な臭いのするおりものの量が増えてきます。

 

外陰部全体が皮膚炎になり性交の時に痛みが出てきたり排尿障害が起こる場合もあります。

 

症状が進むと性交時ではなくても外陰部や膣が熱くなったり痛みがでてくるようになります。

 

また妊娠している場合には母子感染が起こることもあるのです。

 

 

男性の場合には痒みが強くなる他、亀頭包皮炎を起こす場合もあります。亀頭の表面に赤い湿疹がでてきたり白いカスのような物が出てくる場合もあります。

 

また皮膚が乾燥してパリパリになってくることもあるのです。性交によってパートナーに感染させてしまいます。

 

カンジダは性交によっておこる性病と考え病院に行くのを恥ずかしがる人もいますが、実際は性病ではなく性交の経験がない人でも発症する場合があります。

 

カンジダ菌は人間の口の中や腸の中にいるありふれた菌で、免疫力が落ちた時や妊娠中に発症してしまうのです。

 

糖尿病などの生活習慣病が誘引になることもあります。

 

感染した場合には放置せず治療を受けることが大切です。