カンジタ男性完治セット



亀頭包皮炎と症状

 

亀頭包皮炎は包茎状態の方が発症しやすい症状です。
亀頭部分や包皮に炎症を起こすようになってしまいます。

 

普段亀頭に密着している薄皮が性行為や自慰行為によって傷ができるようになります。
そして、その傷から雑菌が侵入してしまい、炎症を起こすようになるのです。

 

亀頭部分に炎症を起こしてしまった場合には包皮に痛みが出るようになります。
また、包皮の弱い方の場合には入浴時に包皮を洗うだけでも炎症を起こしてしまうことがあるんですよ。

 

この亀頭包皮炎の発症期間ですが、亀頭を露出させないままの状態で放置してしまうと1ヶ月程度の間炎症が治まらないようなこともあります。
主な症状としては包皮が赤く腫れたり、かゆみを伴うようになります。
さらに亀頭部分にも炎症を起こすようになります。

 

さらに膿が出る場合もありますが、この場合には症状がかなり進行してしまっていますので、すぐにでも抗生物質の含まれている薬剤を塗りこむようにしましょうね。

 

また、一時的に症状が緩和されたとしても、何度も再発してしまうような場合にはまずは亀頭が包皮に包まれている包茎の状態をしっかりと改善することが重要です。
包茎である限り、亀頭部分に雑菌が増殖しやすいですので、しっかりと覚えておくようにしてくださいね。