カンジダ性亀頭包皮炎とは亀頭包皮炎の一種です。これは、カンジダというカビが原因になって引き起こされます。カンジタと呼ぶこともあります。

 

私自身はインターネットで見かけた「泌尿器科の常識と盲点」というブログがきっかけで知りました。

 

このブログの中に、「治らない亀頭包皮炎の理由」という記事があったのです。この記事を読んで知ることができました。

 

まさかのカンジダ性亀頭包皮炎に

 

私の場合、1年ほど前からセックスの後に違和感を感じるようになりました。ペニスが痛いというよりは、亀頭部分の付け根がヒリヒリするのです。この原因なのですが、妻とのセックスだけではありません。

 

実は、以前から風俗に通っていました。韓国風のあかすりマッサージ店です。どうもここでペニスを傷つけてしまったことが原因のようです。

 

とはいってもほんのヒリヒリ程度。最初はちょっと頑張りすぎたかな、くらいにしか思っていませんでした。そのため放置していても治るだろうとタカをくくっていたのです。

 

しかし、このヒリヒリが段々とひどくなっていきました。セックスの後に気になってみてみると、うっすらと血がにじんだかのような状態になっていました。

 

シャワーを浴びる際に亀頭にお湯がかかるとさらにヒリヒリと痛くなります。こんなこと妻には説明できません。風俗が原因だとはもちろん言えません。でもセックスをしないというわけにもいかないので、色々と理由をつけていました。大体一ヶ月に一回くらいのペースです。

 

しかし、ここでもまた問題があります。夫婦ですし結婚しているのですから、ずっとコンドームをつけているわけではありません。コンドームをつけていると少し痛みが和らぐのですが、なかなかそうはいかないもの。こんな生活が続き、すっかりセックスが苦痛になってしまいました。

 

カンジタ男性完治セット(90日全額返金保証) 詳細

 

さらなる異変が起こりました

 

こんな状況が続いてしばらく経つとペニスに異変が起こりました。セックスをした数日後に気が付きました。亀頭が明らかにおかしくなっているのです。おかしいというのは、乾燥していてカサカサしているのです。

 

そして、恥垢がやたらと出るようになりました。恥垢は、あの白いカスのようなものです。私はこの時カンジダ性亀頭包皮炎のことは知らなかったので気付きませんでしたが、これこそがカンジダ(カンジタ)性の亀頭包皮炎だという証拠でもあります。

 

こうなってしまうと、もしかしたら性病ではないかと恐怖するようになりました。しかし、性病なら尚更病院に行く勇気が出ないものです。妙に気が引けてしまいますよね。それに、症状が出てから妻とセックスをしています。

 

もし性病だったら妻になんて説明すれば良いのかと焦ってしまいました。そのため、パソコンで色々と検索をしました。

 

「亀頭 付け根 傷」や「ペニス 傷」など、さまざまなワードで調べました。

 

そして、出てきた情報を必死に読みました。その結果、私は亀頭包皮炎らしいということがわかりました。性病にも非常に深刻なものがありますので、とにかく安心しました。

 

本来ならばここで病院に行けば良かったのですが、私の足はなかなか病院へは向かいませんでした。やはり恥ずかしさもあります。ペニスの問題ですし、何か言われるのではないかと躊躇してしまいました。

 

そこで色々調べたのですが、とある記事の中にオロナインH軟膏が効果がある、と書かれていました。そこで私も早速実践してみることにしたのです。継続して塗っていくと、大体2週間ほどでカサカサしていた亀頭が治りました。

 

そして、亀頭の根元に起こっていたヒリヒリとした痛みも改善したのです。白いカスも段階を経て少なくなっていき、以前のように戻りました。それから大体一ヶ月ほどして、完全に治ったと思っていました。しかし、そこで油断してセックスをしたらまた元に戻ってしまったのです。

 

カンジダ(カンジタ)はカビの一種で、水虫と同じようなものです。水虫もやたらとかゆい時があれば、一時的に活動がおさまっている時があります。しかし、おさまっているだけで根本的に改善したわけではありません。

 

私の状況もこれと同じだったのです。

 

シャワーを浴びると、ペニスがとてもしみます。この時の痛みの感覚は今も体が覚えています。正直なところ、本当に辛い痛みでした。

 

カンジタ男性完治セット(90日全額返金保証) 詳細

 

カンジダ完治